妊娠中はMUSSE脱毛できる?トレチノインの美白効果

MUSSEは全国展開している、人気の脱毛サロンです。
通いやすさ、価格の安さ、施術の丁寧さ、脱毛効果の高さ、どれをとっても脱毛サロンでもトップクラスといって言いでしょう。
様々なサポート制度も充実しているので、安心しえて通える脱毛サロンと言えます。

MUSSEでは光脱毛の1種、SSC脱毛法を採用しており、この脱毛法は特殊な光を使っている点が特徴です。
光は毛根部分にあるメラニン色素に吸収される仕組みとなっています。
光を肌に照射すると毛根部分にあるメラニン色素へ、光の熱が吸収され、その熱によって無駄毛を脱毛するのです。

個人差はありますが、10回程度繰り返し施術を受ける事で、自己処理する必要が無いくらい、無駄毛は目立たなくなります。
女性であれば誰でも脱毛を受けられるMUSSEですが、妊娠中は施術を受ける事ができません。
光脱毛は体へのダメージは少ない脱毛法であるものの、妊娠中は安全性を重視して脱毛ができないのです。
また、妊娠中は女性ホルモンのバランスが変わる為、この時期に脱毛を行っても、あまり効果が無いとも言われています。

妊娠している女性だけでなく、MUSSEでは色素沈着がある部分の脱毛を、断られるケースもあるようです。
色素沈着部分にはメラニン色素がある為、光を照射してしまうと、皮膚に熱が加えられてしまい火傷を引き起こしてしまうかもしれません。
日焼けや自己処理によって、色素沈着があるという場合、トレチノインで美白ケアしてみましょう。
トレチノインは肌のターンオーバーを高め、色素沈着の原因となっているメラニン色素の排出を促す外用薬です。
色素沈着が気になる部分に、トレチノインを塗る事で徐々にメラニン色素が、皮膚の表面へと上がってきます。
そして最後には垢として、剥がれ落ちてしまうのです。

外用薬を塗るだけの簡単なケアなので、色素沈着が気になる方は試してみてはいかがでしょう。