トレチノイン治療中はMENSエステでのワックス脱毛注意

最近では女性に負けず劣らず男性の間でも美容に関心のある男性が増えてきています。

脱毛やエステでの施術はもちろんのこと、美容整形まで受ける男性も急増している背景には、女性用ではなく男性用のMENSエステやMENS美容クリニックが増えたことも関係しているでしょう。

特に、営業などの人と接する機会のある仕事をしている男性にとっては、カラダの無駄下を処理したり肌つやを良くすることは仕事の評価にもつながるため、キレイになる目的だけでなく仕事のためにMENSエステに通っている人も中に入るようです。

若い時にできたニキビをそのまま放置してデコボコになったり赤みや黒ずみになってしまっている肌を、美容皮膚科なのでトレチノイン治療をする人もいることでしょう。

トレチノインは、本来の肌のターンオーバーを正常にして古い角質層をはがし、細胞を活性化させる作用があるので、見た目の肌を綺麗にしたい男性にとっては非常に良い治療と言えます。

ただ、トレチノインの治療中は、ワックス脱毛はしないほうが良いとされ、トレチノインの治療が終わってからワックス脱毛をするようにするのが望ましいとされています。

ワックス脱毛は、ワックスを脱毛したい部分に塗布してそれを一気にはがす脱毛法であり、VIO脱毛のために開発された人気の高いブラジリアンワックスなどでも有名で、広範囲のムダ毛を処理できて自宅でいつでもできるなどたくさんのメリットがあります。

ただ、トレチノインの治療中というのは、非常に皮膚がはがれやすくなっています。
そのため、ワックス脱毛で毛を処理するとき、ワックスと一緒に皮膚もはがれてしまう恐れがあるので注意が必要とされています。

トレチノインの内服薬を服用している場合にも、皮膚がはがれやすくなっているのでMENSエステで脱毛する場合にはあらかじめ店舗スタッフにトレチノイン治療をしていることを伝えておくようにしましょう。