質の良い睡眠とは

睡眠はたくさんの時間を寝るよりも、熟睡することが大切になりますが、その時に重要になるのが睡眠のメカニズムです。
つまり質の良い睡眠とは、深い眠りと浅い眠りを繰り返すことです。
まず睡眠時は、深い眠りと浅い眠りを約90分ごとに繰り返します。
この時に脳を休めることができるのが深い眠りになり、脳を休めることで良く眠ったと実感することができます。
そして深い眠りの時は目覚めることがなく、物音などで起きることがない睡眠時間帯です。
一方、浅い眠りの時は身体は寝ていますが、脳は活動をしています。
そのため目覚めやすく、夢を見る時は浅い眠りの時間帯になります。
このことから質の良い睡眠は、しっかりと深い眠りを取ることが重要になります。
そして深い眠りを取るための条件として、自律神経が乱れていないことも必要です。
それは深い眠りのためには、副交感神経が優位にたっていることが必要だからです。
このことを踏まえると、深い眠りだけで質の良い睡眠が取れることになりますが、浅い眠りも重要な役割を担っています。
朝に起きる時に必要なのは浅い眠りの時間帯になり、この時間帯に起きることですっきりと目覚めることができます。
質の良い睡眠とは、深い眠りと浅い眠りを繰り返すことです。
そして深い眠りと浅い眠りには、それぞれに役割があります。