敏感肌さんの美白ケア

白く透明感のある肌に憧れる女性は多いです。
美白ケア化粧品は、大変人気があります。
しかし、敏感肌の人が美白ケアをする時、刺激が強すぎて、ピリピリとするため使えないという声が多いです。
美白ケア化粧品は、肌の奥まで美白成分が浸透していきます。
しかし、敏感肌の方は角質層のバリア機能が弱いため、肌への浸透力がありすぎる状態になってしまい、美白ケア成分が、奥深くまで浸透してしまうのです。
敏感肌の人の美白ケア用品は、慎重に選ぶ必要があります。
敏感肌の方にとっての美白ケアは、角層のバリア機能を高めるケアをしてくれる成分があることです。
美白成分をしっかりと角層にとどめておけるものを選ぶ必要があります。
そして、肌への刺激の少ないものを使用します。
肌のバリア機能が弱いので、刺激の強い成分が角層を通過しないように分子量をコントロールできる美白ケア用品が安心です。
そして、美白ケアとして、シミを薄くする成分が配合され、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えるものを選びます。これにはトラネキサム酸が良いでしょう。
トラネキサム酸には抗プラスミン作用があるため、メラニンの生成を抑制する作用があります。これによってシミができるのを防ぐことができます。トラネキサム酸で美白も夢じゃないということです。
敏感肌の人は、ケアを丁寧にしていても、はだのバリア機能がすぐに元の状態に戻りやすい傾向があります。
外的刺激をシャットアウトして、美白成分セラミドの産生を促進する化粧品が肌に合うと言えます。
敏感肌の場合、乾燥にも弱いという点で、保湿もとても大事になってきます。
敏感肌の女性の7割近くが美白化粧品を使用する際の不安として、効果を感じにくいという点があげられます。
敏感肌の方は、炎症や酸化を肌が繰り返すことで、美白成分が追い付かない傾向があります。
肌のバリア機能を強化しながら、肌のサイクルに合わせたケアが必要な場合もあります。
少し意識することで効果を実感することができます。

▽スキンケアの最後の仕上げ
トレチノイン

▽肌のシミを改善して美白
レチンAクリーム